「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●「党が蒸発する」民主議員が恐れる定数是正衆参ダブル選

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●「党が蒸発する」民主議員が恐れる定数是正衆参ダブル選

「党が蒸発する」民主議員が恐れる定数是正衆参ダブル選

 
永田町に衝撃を与えた衆院選無効判決。「1票の格差」是正が安倍政権にとって一大政治課題となったが、思わぬ余波に脅えるのが民主党だ。

「『0増5減』を成立させた後、解散し衆参ダブル選挙にする。そうなれば民主党は間違いなく“蒸発”し、跡形もなくなる」(民主党衆院議員)

 永田町でダブル選に先頭を切って言及したのはみんなの党の渡辺喜美代表。3月25日、渡辺氏は記者団に「早急に制度を議論し、夏の参院選とのダブル選挙をすればいい」と強調した。

 実は、1票の格差是正を大義名分にしたダブル選は過去に例がある。渡辺氏の父、故美智雄元副総理はかつて自民党中曽根派の大幹部だった。その中曽根康弘元首相が断行し、自民党に空前の大勝をもたらした1986年7月の衆参ダブル選が「喜美氏の脳裏にチラついたのだろう」と関係者は推測する。

 中曽根政権当時も85年に最高裁が1票の格差で違憲判決を出し、定数是正が急務になっていた。支持率の高かった中曽根首相は総選挙で政権基盤を固めたがったが、定数是正が解散の障害になっていた。中曽根氏は当時の金丸信幹事長とコンビを組んでダブル選を決意。翌86年5月、衆院定数を「8増7減」する法改正を成立させたが、この時はダブル選を強く警戒する野党に配慮して30日間の「周知期間」を設定。「解散権は制限された」と野党を油断させて臨時国会を召集し、冒頭解散に踏み切った。俗に言う「死んだふり解散」である。

 8増7減と0増5減、違憲判決と、中曽根ダブルと今回の状況は似通っている。憲政上、2回しかない衆参ダブル選はいずれも自民党が圧勝をおさめて終わっている。

 ダブル選を意識してか、前哨戦も過熱している。民主党の細野豪志幹事長が「0増5減だけなら、再び違憲判決が出るおそれがある」と反対する構えを示すと、自民党の石破茂幹事長は31日、「与党は重い責任を負っている」と、参院で否決されたら、衆院での再可決も辞さないと踏み込んだ。

 ただ、ダブル選には連立を組む公明党が大反対だ。今年は都議選、参院選があり、「衆院とのトリプル選挙などしたら、組織が壊れてしまう」と党幹部は悲鳴をあげる。

 憲法改正を巡り、すきま風が吹く自民党と公明党。今後の政局の流れに、1票の格差是正が絡んでダブル選へとつながるのか――、要注目だ。
 
---------------------------------------------------------
 
自民党安倍政権が誕生し、まだ数ヶ月ですが、経済面での政策は
着々とすすんでいると思います。
安倍氏の進めるアベノミクスに対する評価は人により極端にことなります。
方や、バブルを有無だけで、デフレ脱却にはつながらない と言う方。
方や、経済の活性化という意味で革命的なこと と言うかた。
 
個人的には、バブルだろうが、なんだろうが、ここ十数年の経済の停滞からの脱却
デフレからの脱却ができるなら、なんでもありだとおもっています。
少なくとも現役世代としては、デフレなど百害あって一利なし。
そもそもマスコミはハイパーインフレが起きるなどといっていますが、
仮に円が100円、120円と円安が進んだとしてもそのような極端なインフレーションが
おきるとは思えません。
日本が巨額の外貨、外債を有しており、為替の変動はもちろん物価に影響はあたえる
でしょうが、そこまで極端なハイパーインフレなど意図しても無理でしょう。
とにかく現役世代としてはさっさとデフレから脱却してもらいたいのです。
 
私は安倍政権の進めるアベノミクスを強く支持しています。
安倍政権の支持率が非常に高い水準に達しているのは、同様の方々が
増えてきているという事だと思います。
 
安倍政権をより強固なものとするためにも、夏の参議院選挙と同日の
衆議院選挙に打って出て欲しいとおもいます。
 
左派の民主党政権で、
鳩山元首相が、
小沢元幹事長が、
管元総理が、
野田前総理が、
いったい何をしたのか。
日本国民のために、ためになることをしたのか?
彼らは「試しに民主党に政権をとらせて欲しい」などといって
政権をとり、
日本の政治を迷走させ、
貴重な時間を浪費し、
公約を全く無視した政治を行いました。
 
このことで日本人が学んだことは
「実績のない政党に政権を委ねるのは危険」
ということです。
 
経済が安定している時代なら、お試し政党にやらせてみるのも
大いに結構です。
しかし今は非常時です。
そのような実験など論外です。
 
夏の参議院選挙と同日の衆議院選挙、大いに結構ですね。
左派の民主党が消えてなくなるところを是非見たいものです。
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
[ 2013/04/07 22:45 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。