「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●小沢一郎 対 管直人 どちらが勝つのでしょうね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●小沢一郎 対 管直人 どちらが勝つのでしょうね。

●小沢一郎 対 管直人 どちらが勝つのでしょうね。

もうすぐ民主党の代表選挙が行われます。

実質的な内閣総理大臣を決める重要な選挙です。

ただし、民主党員のみ参加できる選挙となります。
ちなみに民主党は外国人であっても党員になれるので外国人が
直接日本の国政選挙に参加する形となります。
(日本国内の政党で党員資格に日本国籍を有することとしているのは
 自由民主党と日本共産党の2党だけです。)

小沢氏、管氏いずれが勝つかは、ふたを開けてみないとわかりませんが

小沢氏が勝ったら、
マニフェスト原理主義的な発言を行い
米軍基地問題を海外移転と主張しており対米関係の大幅悪化を予想
従来のばらまき主義を是認するつもりならば
国債発行額上限規定を廃止し、大幅な赤字を生み出し、財政の更なる急激な悪化
野党の反発を招き国会波乱で法案審議停滞ds
党内では独裁強権的に力を行使し、反対派をたたくため、小沢氏の
意向に沿った政策は速やかに実行
逆に小沢氏の意向にそぐわないものは予算停止
問題は経済政策をこのどちらに割り振るかはっきりしない点です。
小沢氏は円高に対して問題との発言はしても、具体的な対策は
なにも口にしていませんから。
外国人参政権をはじめ、外国人優遇政策を推進。
政治と金の問題での小沢氏の説明責任履行は遠のくでしょう。

管氏が勝ったら
マニフェストに変更を加え、予算の制約にすり合わせる形で
調整を行うでしょう。
現行の閣僚は引き継がれ、中でも仙石氏の影響力が大きくなるでしょう。
仙石氏、岡田氏の左翼思想がよりいっそう政権の内政外交に反映されるでしょう。
脱小沢の流れが加速し、小沢氏が幹事長時代の金の流れを精査し
小沢氏に圧力をかけ続けるでしょう。
また政治と金の問題での野党側からの要求を受け入れ、
小沢氏に国会での証人喚問に応じるよう勧告するでしょう。
検察審査会で2度目の起訴相当が出た場合、離党勧告が出る可能性も
十分あるでしょう。
国会運営面では、野党の協力を得るために、政治と金の問題での
関係者の喚問に応じるでしょう。
ただ、これらのことで野党がどこまで審議に応じるかは未知数。
政治と金の問題の再発防止を推し進めるため、不透明な政治家のお金の
問題はある程度抑止できると思われます。

実際の政策面での優劣はいまだはっきりしませんが、
私個人としては政治と金の問題での小沢氏の説明責任不履行を
極めて重視しています。

上に立つ人は、自らに対しても厳しくモラルを適用してほしいと思います。
その意味では小沢氏は口をつぐみ、国会での説明責任を果たさず
国民に対する説明を何一つおこなっていません。

人によっては小沢氏を
「必要悪」
「世論の力を超える力をもった政治家
「政治家が不透明な金を持つのはやむをえない」
「米国からの圧力を跳ね返すには小沢氏の力が必須」
などと主張し小沢氏のことを擁護する方がいらっしゃいます。

しかしそうしたモラルには合えて目をつぶり小沢氏の密室政治に
この国の未来を託そうと考える人々には同意できません。

この国にはもはや「金権政治」や「密室政治」、「二重権力」、「闇将軍」
これらのことを平然とおこなう政治家は不要であるばかりでなく、
もはや「排除」されなければならない時期が来ていると思います。

少なくとも私はこれらのことを行う政治家に自分の子供たちの未来を
託したいとは思いません。
スポンサーサイト
[ 2010/08/29 19:04 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。