「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●金融緩和でマーケットにはお金がじゃぶじゃぶはいってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●金融緩和でマーケットにはお金がじゃぶじゃぶはいってます。

●金融緩和でマーケットにはお金がじゃぶじゃぶはいってます。

日米の金融緩和競争のおかげでマネーはあまりまくりで
お金がじゃぶじゃぶマーケットに流れ込んでいます。

先週末の米失業率も日農業分野の雇用者数がGOODでしたし
出遅れ日本株の上昇基調はいじできると楽観視しています。

大体世界のマーケットは年初来高値更新真っ最中で
NYもリーマン前の状況にもどっており、日本は円高の影響が
大きいとはいえ、見直し買いがでてむしろ当たり前。

●報道から

来週の株式相場 底入れ、チャートは劇的に改善、過剰流動性相場へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101106-00000012-scn-brf

新興国はインフレやバブルを気にしていますが、先進国からしたら
デフレリスクのほうが大きいのですから、他人が何を言おうと
耳を閉ざし、黙って、お金をジャブジャブマーケットに流すのが
正解だと思います。

失われた10年を経験している日本人からすると、
「デフレよりインフレのほうがまだコントロールしやすいのでは」
と思います。

また各企業も想定為替レートを見直しており、FOMCを無事通過して
円高一直線の流れはまずは一旦とまるのではなかと期待しています。

為替介入もやりやすい環境となりましたしね。

むしろ輸出企業の為替リスクより、中国進出企業のチャイナリスクのほうが
気になります。

日本人の対中国の不信感はピークといえます。
これからは中国の成長メリットより、政治、軍事、経済の各方面での
チャイナリスクの大きさを考え、中国からの分散を真剣にかんがえないと
中国共産党の舵取りひとつで上場企業が消えることになりかねません。

あまりにも中国に大きな依存を行っている企業に対する投資は注意したいと思います。
スポンサーサイト
[ 2010/11/07 20:21 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。