「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●死に体の民主党管政権 この国をどこに向かって迷走させるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●死に体の民主党管政権 この国をどこに向かって迷走させるのか?

●死に体の民主党管政権 この国をどこに向かって迷走させるのか?

仙谷氏の問責可決 瀕死内閣ちらつく「解散」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101127-00000070-san-pol

いまや管政権ではなく仙谷政権だとだれもが思っているでしょうけれど
その幹事長本人が問責可決しましたねw

まああれだけのことをしてくれれば当然なのですが・・・

民主党も人材がいませんね。

管政権がたおれ、民主党内で小沢派が権力をにぎったとしても
国民支持率回復は期待できず、もはやレームダック状態。

思い切って解散したほうが民主党そのものにとっても
まだチャンスがあるのでは?

支持率2桁割れも十分ありえるいまの政権のままで
来年の統一地方選挙をたたかうのと、

一旦解散し、第一党を失う可能性があってもあえてチャレンジし
小沢派や仙石氏などの「国民の支持のない政治家」を党内主要ポストから
一掃し、若手だけで党を組みなおしたほうが将来性があるのでは?

もっとも古い政治家代表の小沢氏がそんなことは阻止するでしょうけれどw

民主党も保守派と左派で党をわけたほうがいいんですけどね。
スポンサーサイト
[ 2010/11/27 12:05 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。