「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >   >  ●子猫のマーちゃん、ついに骨髄検査にチャレンジ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●子猫のマーちゃん、ついに骨髄検査にチャレンジ!



●子猫のマーちゃん、ついに骨髄検査にチャレンジ!

うちの子猫のマーちゃんは昨年より闘病生活を続けています。
大学病院に3週間ほど入院し、
肝臓のGPT数値が4000を越え
白血球の数値が2800を下回
体の表面に炎症が発生し吹き出物がでて
内臓や神経に影響を与えていました。

しかし大学病院やホームドクターの先生方の奮闘のおかげで
何とかGPTはなんと64に、白血球も3600まで回復しました。

相変わらず病名は不明のままですが、それでも対処療法だけで
ここまでくるとはすごいことだと思います。

しかしながらステロイドの投与量を1mg/kg(体重)を下回る水準に
へらすととたんに体の炎症が一気に悪化し、数日でものすごいことに
なってしまいます。

同時に白血球の数値が正常値を下回る状況が続いており、
このたび骨髄液を採取して検査をおこなうことになりました。

片手に乗るほどの小さな小さな赤ちゃん猫だったときから
ず~~っと一緒だったこの子猫もいまや2200gを越えるほどに
成長できて、依然とくらべ元気になったとはいえ、
骨髄液を採るというのは正直不安もあります。

ただ、今回の検査でこの病気の根本的な原因がわかればとおもい
検査に踏み切ることにしました。

昨年12月に病状が悪化し緊急手術が必要になるかもと言われ同意書に
サインした時に比べれば体調もしっかりしてきて、食欲もあり、
体重もかなり増えてきておりうんちもおしっこも十分できて、部屋を
はしりまわれており「今なら何かあっても耐えられるに違いない」
とおもい、検査をおこなうことにしました。

毎日この子が元気か、元気じゃないかで私たち家族の気持ちが
明るくなったり、暗くなったり、もうこの子中心の生活といわれても
しょうがないほどですが、完全に情がうつって、我が家の子供なので
この子が直るならなんでもするつもりでいます。

骨髄検査は月曜日です。

久々に小さいときの写真とくらべてみました。
本当におおきくなりました^^

月曜日の検査で、なんとか原因がはっきりすることを願っています。

スポンサーサイト
[ 2011/02/20 15:58 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。