「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●枝野長官の債権放棄発言、東証社長が批判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●枝野長官の債権放棄発言、東証社長が批判

●枝野長官の債権放棄発言、東証社長が批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110517-00000815-yom-bus_all

「金融機関も株式会社なのだから、(債権放棄をしたら)次から貸さなくなるだけだ。
そうなったら、国が貸すのか」

私は小なりとはいえ個人投資家の一人として、この批判に同意します。

枝野氏の金融機関への債権放棄要求は、筋道だてた考えの末ではなく

単に「支持率が下がる国民負担を抑えるために、金のあるところに負担させればよい」

という民主政権の党利のための利己的発言だと思います。

もっとも枝野氏、管氏、小沢氏、鳩山氏、etc

みな同じ穴のむじなですがw

彼らには経済というものの仕組みが、根本的な部分で理解できていないように思います。

民主党は所詮、他人の揚げ足を取るのがうまいだけの集団だったのでしょうね。

いまの危機的状況の中で、民主党が与党であることがどれほどまでに悲劇的なことなのか。

与謝野が入閣したことで、彼の政治姿勢に関しては失望しましたが
同時に彼の経済面での知識経験が管政権にプラスの影響をあたえると期待していましたが・・・

結局解散総選挙をおこなうまでは、政府にはなにも期待できそうもありません。

悲しいです。
スポンサーサイト
[ 2011/05/17 22:05 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。