「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●米国債格下げで月曜日、マーケットがどう反応するか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●米国債格下げで月曜日、マーケットがどう反応するか?

●米国債格下げで月曜日、マーケットがどう反応するか?

<米国債格下げ>米政府、S&Pと攻防 異例のクレームも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110806-00000095-mai-brf

格付け制度開始から70年の「格下げショック」が世界を襲う。

あらかじめS&Pの格下げの可能性はある程度は織り込んでいたという意見があります。

確かに可能性としてはみな頭の中にあったでしょう。

ただ「現実に」なったというのはまた別のレベルの話です。

オバマ政権がS&Pにクレームをしたというのも、彼らの国益に与える影響の規模を
考えればわかります。

ただ同時に、各国が自らの国益のために格付けを政治的理由で操作するというのは
危険なことです。

(たとえばギリシャが格付け会社に圧力をかけまくってAAAにさせて、実際のリスクを
 隠して投資家に売りつけるといった危険は許容できませんよね。)

つい先日もダウは急激な低下をおこないましたが、個人的には今回の下げはそれを越えると
予想しています。

発行済みの米国債規模とそれらの資産価値の下落による各国の受ける損失規模の大きさを
考えるとリーマンの時の比ではないと思うからです。

また長期金利の上昇規模がどれほどになるのかも注目せざるを得ません。

日本の震災直後と同様G7での共同歩調での何らかの対策がとられることは疑いません。

同時に、それらの対応でどれだけ世界規模での株式マーケットへの大津波を抑えることが
できるのか未知数だと思います。

NY市場が終わってからの格下げ発表でしたから、いまのところ世界のどこのマーケットの
数値にもまだ織り込まれていません。

明日の東京市場どうなるのか?

不安でいっぱいです。
スポンサーサイト
[ 2011/08/07 17:45 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。