「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●独首相、ギリシャ破綻タブー視すべきでないとの経済相発言を支持

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●独首相、ギリシャ破綻タブー視すべきでないとの経済相発言を支持

●独首相、ギリシャ破綻タブー視すべきでないとの経済相発言を支持
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20110912-00000472-reu-bus_all

ドイツのレスラー副首相兼経済技術相がギリシャの秩序ある破綻をもはやタブー視すべきではないと
発言したことをめぐり、メルケル首相のザイベルト報道官は12日、首相は経済技術相の見解を
強く支持していると述べた。




ドイツの世論はギリシャなどの債務国に対する支援に反対しており、
独政府もそれに沿った主張を展開しています。
ギリシャが目標としている債務削減を達成できない場合に、新たな融資に
応じる可能性は極めて低いと思います。

ユーロ圏でのデフォルトをタブー視しない。

つまりユーロ圏債務国のデフォルトを許容するとの独首相の発言ですから
極めて重大な内容です。

先の仏中銀総裁の発言といい、今回の独首相の発言といい、
ギリシャのデフォルトを受け入れる下地は整いつつあります。

CDSの上昇や株価、コモディティの動きもそれを織り込みつつあります。

ただ、一国のデフォルトともなるとそのインパクトたるやいかほどのものになるのか?

独仏金融機関がどれほどのダメージを受けるのか。

注意深く見守る必要がありそうです。
スポンサーサイト
[ 2011/09/12 22:38 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。