「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●日経年初来安値。ユーロも激安。どうなっちゃうのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●日経年初来安値。ユーロも激安。どうなっちゃうのか?

●日経年初来安値。ユーロも激安。どうなっちゃうのか?

3連休明けの東京市場。
予想通りではありますが、激しい下げ。
寄り付き前外資は買い越しではありましたが、寄り天の流れ。
VIX指数を見ると41.53という高水準。
RCI的にみると十分低水準で、本来なら買いが入ってもおかしくないのですが・・・

欧州債務問題の深刻化に対する懸念のおかげで、ユーロが一時101円台になる今日この頃。
輸出銘柄には短期、明るい未来はなさそうです。

今月寄り付き前外資動向は16営業日中、5営業日買い越し、11営業日売り越し。
先月よりはましな状況ですが、やはり外資の売りが越している限り、東京市場は
厳しいですね。

RCI的にみれば短期の戻しはあるかもしれませんが、中長期はあげようが無いと思います。

ノンポジ生活に入ってずいぶんたった気がします。
ポジション持っていたら大損していたかもしれないと思うと、なかなか再びポジションを持つ気持ちに慣れません。
我ながらチキンだなと思ってしまいましたw

【報道から】
●委縮するマネー、リスク・ポジションの手仕舞いが拡大
http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPJAPAN-23346920110926

圧縮の対象は、金、銀、アジア通貨、資源国通貨など広範囲に及んでおり、
「あらゆるリスク資産が現金化(リクイデート)されている」

金はアジア時間の取引で3%超下落し、8週間ぶりに1オンス=1600ドルを
下回った。また、銀は12%安の1オンス=27.3ドルを付けた。




リスク資産全般からの資金引き上げの流れがすすんでおり、
一時伸びていたコモディティも圧縮されている。
リスク回避の負のスパイラルを早く断ち切ってほしい。
ユーロ問題はギリシャへの追加融資での問題先送りではなく
ギリシャ国民自身が財政再建を強い意志をもって推し進め、負担増を受け入れ
財政再建を進める意外に方法はないのです。

いまのままではいくら資金融資しても長期的には何の意味もありません。

ギリシャだってそのことはわかっていると思うのですが。
スポンサーサイト
[ 2011/09/26 20:08 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。