「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●東電への資本注入、普通株で=実質国有化へ経営権を即時掌握―政府

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●東電への資本注入、普通株で=実質国有化へ経営権を即時掌握―政府

●東電への資本注入、普通株で=実質国有化へ経営権を即時掌握―政府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120107-00000011-jijc-biz

政府が東京電力<9501>の実質国有化に向け、同社の普通株式の過半数を取得する方向で最終調整に入ったことが7日、分かった。当初は、議決権がない代わりに優先的な配当を見込める優先株での出資が有力視されていたが、即時に東電の経営権を掌握するため、議決権のある普通株での出資が必要との判断に傾いた。 



優先株ではなく、普通株というのは意外といえば意外でしょうか。
まあ実行されれば、送電網分離という話が現実になる可能性が高まると思います。
同時に国有化ということになる、以上政治判断が優先されることになります。

今年、もしくは来年予想される衆議院選挙に向け、民主党政権としては
電力値上げは回避したく、また東電のリストラ、人元費削減に向け
一歩踏み出す可能性もあります。
もっとも労働組合を支持団体に持っている民主党が、労働組合の利益より国民全体の利益を
優先して行動するかどうか、少し疑問に思ってもいますが。

東電単体で見れば、債務超過リスクと被害者への損害賠償プロセス遅延のリスクは遠のき
同時に、国有化となる以上まず単純に一株利益の希薄化、既存の株主責任の追及
(場合によっては減資)等も考えておく必要があるかもしれません。

停止中の他の原発の再稼動が実現すれば風も変わるのでしょうが。

野田総理のリーダーシップ欠落という現実を考えると、次の衆議院選挙前に
再稼動はなさそうですね。
スポンサーサイト
[ 2012/01/08 13:11 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。