「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●来週は半信半疑でのゆるやかな戻しがあるかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●来週は半信半疑でのゆるやかな戻しがあるかな?

●来週は半信半疑でのゆるやかな戻しがあるかな?

日経は4/4の大きな下げ以降、4/11まで下げ続け、
4/12,13とやや戻しています。
週足でみると4/6の週の陰線、そして4/13週には
した髭をつけています。
金曜夜、欧州、北米がさげていますので
週明け東京は下げたところから始まるでしょう。
VIX指数も一時15以下だったものが19を越えていますし。

少なくとも1/20の週以来続いてきた上昇トレンドに
一区切りがついたのかなと個人的には考えています。

再び上昇トレンドに入るにはやはり為替の変化が不可欠かなと思います。
少なくとも80円台固守では足りず緩やかでも再び
82-83円あたりを狙ってもらいたいものです。

ただそれには欧州安定の結果としてのリスクオンが必要となり
ギリシャ総選挙の結果を見極めねば難しいと思います。

イランも選挙の結果強硬派の勝利となり、原理主義的な
方向性で動く可能性が高まったと考えます。
そうした点からも原油の先高はとまらないでしょう。
戦争だけは何とか回避してもらいたいものですが・・・

朝鮮のミサイル失敗でも市場はいまのところ落ち着いていますが
北朝鮮国内としてはミサイル失敗に対し、何らかの次のイベントが
必要になるでしょうから、やはり核実験あるかなと思います。
となると極東亜細亜の地域リスクから株への影響も
考えておく必要があるかな・・・

なんかここまで書いていると、ネガティブなことばかりのようにも
見えますが、逆に言えば、時間の経過とともに織り込める
リスクもあるわけですから、もうしばらく時間がたてば
だいぶ状況もかわるのかな。

欧州問題はとにかくギリシャ選挙さえ終われば、
どんな結果であれ織り込めるわけでとにかく5月まで待つ。
スペインの国債でちょっとどきどきしましたが、まだまだ
これからが本番でしょうね。

イランは・・・ハメネイ氏支持派勝利ということは
宗教指導者という立場からして、現世の都合など関係なく
宗教的思想で政治をひっぱると考えてみると
極めて強硬な姿勢で突き進むと思います。
あとはオバマに、第二の湾岸戦争を始める覚悟があるかどうか
ということになります。
イスラエルは当然好戦的にいろいろイランを刺激する政策を
とるでしょうから、オバマ的にはいかにネオコン陣営を
押さえ込み、選挙にネガティブにならない程度に
戦争回避を模索できるかでしょう。

北朝鮮は、中国ロシアですらコントロールできてませんから
もう「核実験とその結果でのアジアリスクでの下落」を早めに
織り込むしかないでしょうね。
まあわかりきったことですからマーケットも極端には反応しないと
期待しています。

FRBと日銀の追加緩和には非常に期待しています。
おそらく実施されるのではないかと思います。

数少ない期待材料です。

はやく決算発表での個別材料での動きに入ってもらいたいものです。
スポンサーサイト
[ 2012/04/15 21:40 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。