「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●ドイツ憲法裁判所の判断。しばらくユーロ持ち直す?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●ドイツ憲法裁判所の判断。しばらくユーロ持ち直す?

●ドイツ憲法裁判所の判断。しばらくユーロ持ち直す?

東京は大きく上げました。
あげすぎかな~と思いました。
昨日仕掛けておいた空売りが新日鉄で約定されました。
明日も大きく上げるようなら売ってゆきたいと思います。

ドイツ憲法裁判所の判断。
今後ESMへの負担金を積み増す必要が生じた場合には議会の承認を得る必要が
あるとのこと。
ドイツ議会に将来の負担増額に関する拒否権を与えるため、国民世論次第では
今後の負担増額で波があるかもしれません。
国民の感情と忍耐がどこまで耐えるのか。

ギリシャ、スペイン、イタリアあのあたりが実際にどこまで財政赤字を
削減出来るのか。
先行き不透明感は相変わらずです。
根本的解決策はみえません。

北米市場には期待したいです。
QE3発動なんとか実現をしてほしいですね。
同時に日本にとっては円高推移が不可避なため、株式市場では
業種による明暗がくっきりか。

中国は四半期の黒字が下方修正されている。
鉄鋼、アルミの需要急減。
電力消費の伸び率の減少。
これらが何を物語っているのか。
輸出型から内需型にシフトを狙い、公共投資を進めているが
リーマンショック時の投資額とくらべれば1/4程度に過ぎず
インフレ懸念も考えると、効果がどこまで出るのか・・・
鉄鋼価格があれほど低下するとなるとね。

バルチック海運指数も当分上がりそうもありません。
スポンサーサイト
[ 2012/09/13 05:15 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。