「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●IMFが緊縮一辺倒の過ち認める。欧州債務国への支援条件に影響は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●IMFが緊縮一辺倒の過ち認める。欧州債務国への支援条件に影響は?

●IMFが緊縮一辺倒の過ち認める。欧州債務国への支援条件に影響は?

焦点:IMFが緊縮一辺倒の過ち認める、遅すぎた方向転換
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE89E04E20121015?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

このIMFの方針転換がECBに何らかの影響を与えるようだと
欧州債務国への支援条件にも何らかの変化がでてくるかもしれません。
少なくとも従来よりは債務国側に歩み寄る可能性が高まったと思います。

もっともメルケル氏は同意するかどうか・・・
条件を緩和することで、リスクが増えるのはドイツ国民ですからね~
ただ、ドイツへの条件緩和を迫る外堀は埋まりつつあるのかもしれません。

年内にスペインへの支援問題も何らかの進展はあるでしょうし、
ドイツも、いささか逆説的なようですが債務国の問題がドイツ経済に飛び火し
経済指標で確認される水準に達したら、やむを得ず支援条件緩和に踏み切れるかも
しれませんね。

そうした意味では、スペインも、ドイツも 思い切って経済指標が悪化してくれれば
スペインは救済の申し立てを行い
ドイツは債務国への条件緩和に応じ
結果的にユーロは上昇し、欧州危機リスクは減少
株価的には上昇し

みんな よかったよかったとなる・・・なんてことは無いですかね??
スポンサーサイト
[ 2012/10/15 22:18 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。