「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●かわいい子供の教育費

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●かわいい子供の教育費

●かわいい子供の教育費
 
子供の教育費
 
人生の予算計画のなかで非常に大きなウェイトを占めるものです。
 
マイホームと同じくらい大きな、場合によってはそれ以上の数字になる人もいるでしょう。
 
我が家は妻と息子と猫2匹と私の家族です。
 
いま息子の育児の真っ最中ですが、先のことを少し考えています。
 
少し遅くに生まれた我が息子に兄弟を作ってあげることができるかどうか。
 
生むだけ生んで十分な教育をしてあげられないのは無責任だとおもうので
ちゃんと計算をした上で可能と判断して迎えてあげたいと思っています。
 
収入をまずかんがえると、この先景気がよほど上向かない限り給与が急上昇することは難しい
かなと思っています。
 
そうなると出費の部分を絞ってゆくしかありません。
幸い家の夫婦はお金のかかる趣味等はほとんどなく、図書館通いが趣味なのでw
あとは計画しているマイホーム購入計画をもう少し予算を絞り込む等、様々な
出費を絞り込んでゆくことで2人目の子供の教育費のなんとか捻出できないか検討中です。
幸いマイホーム資金はかなり計画的に貯めてきており、それを中心に計算しています。
 
我々の老後の予算もある程度確保する必要もありますし。
生命保険の60歳満期のものがかなり大きな額で今の金利よりかなり高い利回りの時代に
加入したものがあり、それを中心に計算をしてゆきたいと思います。
 
あと我々の年代だと、定年退職が65歳に引き上げになる可能性が高いのですが、
実際問題として会社側企業体力がどこまで持つものなのか、その点は若干グレーでは
ないかと思っています。
 
まあ人生全てのリスクを計算してから行動できることは少ないので
ある程度リスクとコストを計算した上での見切り発車になる可能性も
考えていますが・・・
 
デフレ時代に生きてきた我々はバブル期以前の就職の人達とくらべると
石橋をたたかないと渡らない性格が染み付いているのかもしれません。
 
自分だけなら、えいや~とばかりに一気に行動するのはやぶさかではありませんが
その対象が我が子であるだけに慎重になってしまいます。
 
妻も私も本音で言えばもうひとり子供が欲しいです。
 
難しい問題ですね。
 
スポンサーサイト
[ 2013/01/04 15:52 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。