「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●米失業率年内に7.1%に改善の可能性の報道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●米失業率年内に7.1%に改善の可能性の報道

●米失業率年内に7.1%に改善の可能性の報道
 
米セントルイス連銀総裁:失業率は年内に7.1%に低下も
米セントルイス連銀のブラード総裁は4日、失業率 は年内に7.1%に低下する見込みがあり、これにより金融当局が毎月850億ドル(約7兆5000億円)の債券購入を停止することが正当化される可能性があるとの認識を示した。
ブラード総裁は経済専門局CNBCテレビのインタビューで、「失業率は年内を通して低下し続けると思う」と述べた上で、7.1%の失業率なら労働市場は「恐らく著しい改善となろう」と語った。総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を有する。
米連邦準備制度理事会(FRB)が3日公表したFOMC(昨年12月11-12日開催)議事録によれば、「幾人か」のメンバーは「年末よりかなり前の時点での資産購入の縮小なり停止が恐らく適切になるだろう」と指摘。「数人」のメンバーは、現行の資産購入は2013年末ごろまで正当化される公算が大きいとの認識を示し、その他「数人」は時期を示さなかった。
------------------------------------------------------------
もしも本当に雇用が順調に増え、失業率が低下し
債権購入が停止されるような状況が出来うるならば
ダウは上昇が期待できます。
 
また利上げに踏み切ることができるような状況となるならば
当然ドルは上昇し、円安圧力となります。
 
まあ、まだまだ先の話ですから今すぐ動向ということではありませんが
先行きドル高圧力となる可能性が出てきたのはある意味
ありがたいことではあります。
 
今年は日経も期待したいですね。
スポンサーサイト
[ 2013/01/06 21:25 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。