「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  2008/02/08再び13000円ラインにタッチ。機械受注統計が痛すぎ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2008/02/08再び13000円ラインにタッチ。機械受注統計が痛すぎ・・・。

機械受注が下げてマインド低下もあり、連休前ということもあり、オーバーナイトを避ける向きも
あっただろうし、こんなものでしょう。
先日まで14000円を探る動きになるかと思っていたら、再び13000円ラインにタッチしているし
再度下値を意識せざるを得ない。
またしてもノックイン価格がひとつのめどになるのだろうか。
まずはSQを越えての連休になるが海外の動きが気になる。

TOPIX先物は前引け直前にシステム障害が発生。
この重要な時期になんともタイミングが悪いね。

ダウは若干戻す。
VIXは28をやや割るが依然高い水準。

機械受注統計が下ぶれ。-3.2%は痛すぎ。
日経はやや下げ。
一時13000円を割るが、終値では13000円台を保持。

G7後の失望売りを織り込んでいる部分もあるのか?
G7で具体的な対応策がどのていどでるのか?
各国がどこまで協調できるのかが不透明な中では慎重になるのもやむをえないだろう。
サブプライム証券の保有者が広く世界に分散している以上、公的資金をもって
救済するのをためらう気持ちもわからなくは無い。
更にそれらを各国が協調して救済するとなると具体案がでてくるかどうか・・・。
逆に具体案がでるようならポジティブサプライズ。

それにしても国内の景気対策がまったく動かないのはいい加減にしてほしい。
米国の経済対策の法案可決までの速度はまったくすばらしいものだ。
日本の政治家は見習ってほしいものだ。

イングランド銀行の利下げ発表の内容を見ると、インフレ警戒が非常に高まっている。
EC圏は経済成長に自信を示していたが、果たして最後まで強気でゆけるのか?

一時期と比べ原油が下げてきているのは非常によい材料。
ただ、産油国は80ドル台を維持するため、原油減産を示唆。

7011三菱重工を新たに空売り
9984ソフトバンク現物は保持。

●景気指標
(米) 12月中古住宅販売保留 [前月比] 予想:-1.0% 結果:-1.5%
(米) 12月消費者信用残高        予想:+74億USD 結果:+45億USD
(日) 12月機械受注「前月比」 予想:-0.9% 結果:-3.2%
(日) 1月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] 予想:35.6 結果:31.8

●米財務長官、米金融機関の資本強化促す・「公的資金」は否定 (ポールソン米財務長官)
・金融機関にできる最善のことは損失を素早く明らかにし、資本を調達することだ
・米金融機関の資本増強が経済回復に重要
・公的資金の注入論では「(ほかの国はともかく)米国には当てはまらない」
・あくまで自助努力による資本強化を促す考えを強調
・米金融機関は素早く損失を明らかにし、資本増強に動いている
・資本調達の必要性は強調し続けている。資本が十分でないという疑いがあれば、手に入る間に資本を獲得すべきだ

●米上院、16兆円の景気対策修正法案可決
・総額1500億ドル強(約16兆円)の景気対策修正法案可決
・個人向けの減税・給付の対象を拡大
・約2000万人の高齢者と約25万人の傷痍(しょうい)軍人にも小切手を送る。
・景気対策の柱は個人と企業の減税
・2008年に限った臨時措置

スポンサーサイト
[ 2008/02/08 21:17 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。