「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●バーナンキ氏再任!/今夜の米住宅価格指数はどうなるか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●バーナンキ氏再任!/今夜の米住宅価格指数はどうなるか?

●バーナンキ氏再任!/今夜の米住宅価格指数はどうなるか?

昨日の上昇の後ですから利食いがでて同然。
今日の下落は個人的には折込済みです。
問題は明日以降。
今夜の住宅価格指数次第だとは思うのですが、楽観視してます^^
バーナンキ氏も再任したことだしね。

【景気指標】
今夜の
(米) 6月S&P/ケース・シラー住宅価格指数
(米) 6月住宅価格指数
どうなりますかね~?
値上がりしてるといいのですが。

VIX指数は25.20
バルチック指数は-31の2437
海運単価の下落は止まりません・・・

【報道から】
●バーナンキFRB議長の再任で不透明要因が1つ解消、課題は山積
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-11168120090825

バーナンキ氏は多くの問題に大して、完璧ではないかもしれないが
基本的には問題の改善に成功していると思う。
ここでの続投はポジティブ材料。

●7月の英住宅ローン承認件数、前年比76.7%増=銀行協会
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-11172620090825

件数の増加は予想されていたことではあるがはっきりとポジティブ。
後は単価の上昇があればいいのですが。
欧州での単価上昇はまだ先でしょうね。

●米住宅ローン、延滞後の返済再開急減 価格下落が影響
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090825AT2M2500625082009.html

これはある意味予想できたこと。

支払能力の欠落以上に住宅を放棄したほうが有利な状況が
続いているのだから当然。
サブプライムローンは非遡及型の債務契約であるため、
住宅の所有権を金融機関に渡すことにより其の時点での
返済残額の全額の支払いが免除される。
現状では住宅価格が下落しているのだから現状の住宅購入ローン契約を
の残高より、現状の住宅価格が低くなっているのだし
住宅放棄したほうが消費者には有利。
差損は金融機関の損金になるが、そういう契約だししょうがないよね。

●マザーズ:上場規則改正案を発表 株価大幅下落で上場廃止
http://mainichi.jp/life/money/news/20090826k0000m020032000c.html

だいたい新興市場では上々直後におおきくくずれてその後
IPO価格に二度と届かない銘柄がごろごろしているしね。
こういった企業は社会的制裁という意味でも退場が当然。
スポンサーサイト
[ 2009/08/25 21:17 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。