「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●北米住宅販売は改善するも、ダウ下落。一時的な税控除だけでは株価は支えられないのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●北米住宅販売は改善するも、ダウ下落。一時的な税控除だけでは株価は支えられないのか?

●北米住宅販売は改善するも、ダウ下落。やはり時限的な税控除だけでは株価は支えられないのか?

【報道から】

●9月米中古住宅販売は予想上回り2年超ぶり高水準
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091024-00000986-reu-bus_all

非常に大きな数値上昇。
初回住宅購入者向け税控除が11月末までとはいえ、自動車の補助金が
とまったときも予想ほど数値は下がらなかったことを考えると
12月の数値減少はある程度少なめになるのではないかと期待している。
少なくとも在庫減少の効果は大きい。

●NYダウ、急反落=再び1万ドル割れ〔米株式〕(23日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091024-00000008-jij-brf

住宅販売が伸びたが株価は下落。
決算もかな~り良かったんですけどね。
引き締め時期の早まるリスク上昇ですか・・・
深読みしすぎではないのかな。
ただ住宅販売の原動力である税控除が11月末で終わることは織り込んでおかないとね。

●米FRB、資本上積み義務付けを検討中=バーナンキ議長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091024-00000979-reu-bus_all

これは実質的に自己資本比率の上昇を意味するのでしょうか?
レバレッジに対してこれまで以上に厳しい監督が行われるのは確かな様子。
金融規制としては金融不安リスクを抑える効果がある反面、貸し出し減少などの
リスクもあり、金融機関の収益を抑える効果もあるでしょう。
今後でてくるであろう詳細に注視してゆきたいです。
スポンサーサイト
[ 2009/10/24 10:09 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。