「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●日経とダウはなぜこれほど乖離してしまったのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●日経とダウはなぜこれほど乖離してしまったのか?

●日経とダウはなぜこれほど乖離してしまったのか?

昨晩はダウ続伸。北米市場は高値を更新し続けているにもかかわらず
日経はまたしても下落。下値抵抗線に近づいている。
なぜこれほどダウと日経の動きは乖離してしまったのだろう。

鳩山政権下での二次補正停止後の経済対策の欠如。
税収の激減。
せまられるマニフェストの見直しか
あるいは大幅増税もしくは赤字国債の大増発。
国債に手を出せば国家財政の悪化がさらに顕著になり
長期金利上昇はさけられない。
増税に打って出れば、タバコ、酒税、あとはキャピタルゲイン税の
大幅上昇は避けられない。
来年の参議院選挙前には消費税と法人税の議論はないと踏んでいます。

北米はなんだかんだ言っても、リストラによるものとはいえ企業業績は
徐々に回復しています。
まあ一時的に調整がはいっても回復基調は長期的に見たら維持できるでしょう。
前は日本もそれに追従できるだろうとおもっていました。

でも今は・・・
鳩山氏がこれほど経済対策をおこなわず、対米政策で混迷をつづけるなら・・・

世界の回復は信じています。
でも、日本の回復基調が世界のスピードについて行けるかどうか考えると
無理かな~と最近おもいはじめました。

建築基準法の改正のとき「官製不況」というものがありました。

今度は「民主党主導の不況」なるものがきたりしてww。
スポンサーサイト
[ 2009/11/18 21:52 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。