「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●ギリシャ救済策報道。ソブリンリスクを抑えられるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●ギリシャ救済策報道。ソブリンリスクを抑えられるのか?

●ギリシャ救済策報道。ソブリンリスクを抑えられるのか?

昨日ダウはおおきく上昇
VIX指数は25.44
バルチック海運指数は-16の2706
為替は相変わらず89円台
朝寄り付き外資は2日連続買い越し

材料としてはドイツのギリシャへの財政支援報道が
おおきいですね。

それにしても支援するんですね。
ユーロ安はドイツ、フランスにとっては国益を考えればありがたい
話だとおもっていたのですが。

ダウの戻しが続くといいのですが。
なんとか50日平均線あたりまで。
現状の100日平均線を下回っている水準は値ごろ感もあるでしょう。

日経もRCI的にもボリンジャーバンド的にもそろそろ一旦抵抗するかな
とおもいました。
戻しても75日平均線どまりの可能性も考えておく必要があると思います。

神戸製鋼を158円で仕込みました。
昨年12/03以来の低水準です。
利益をだせるといいのですが。

【景気指標】

(日) 12月機械受注 [前月比] 予想:+8.0% 結果:+20.1%
(仏) 12月鉱工業生産 [前月比] 予想:+0.5% 結果:-0.1%
(英) 12月鉱工業生産 [前月比] 予想:+0.2% 結果:+0.5%

日本の機械受注はポジティブサプライズ
欧州の鉱工業生産はフランスが下げ、英国が上昇

【報道から】
●ドイツ、ギリシャなどに対する融資保証を検討
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100210-00000301-wsj-bus_all

統一通貨政策を採っている以上、各国が程度の問題はあっても
いい部分も悪い部分も共有しており、自国の経済状況に
応じた為替政策などをとりようもないというのは
非常にデメリットもおおきいですね~
それにしてもおもったよりかなり早い対応でしたね。
ユーロ圏の輸出大国にとってユーロ安はメリットも大きいのですから
EU圏の利益より自国の利益を当然優先すると思っていたのですが。

●<機械受注統計>民需が3カ月ぶりプラス 設備投資に明るさ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100210-00000029-mai-bus_all

輸出部門が大きい伸びのようですがまずはいい数値。
ただ前回の数値がひどすぎましたからそれを差し引いてかんがえないとね。

製造業は前月比17.1%増
非製造業は同22.9%増
外需は同20.9%増

12月単体でみるとまずまずです。

●共和党が支持盛り返す=オバマ政権への失望反映-米調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100210-00000123-jij-int

オバマ氏も健康保険政策では完全に失敗しました。
政治家ですから時には支持率を無視した行動にでることもありますが、
それにしても優先順位といものがあるでしょう。
まずは経済だけに絞って行動すべきでした。

もっとも日本の鳩山小沢政権よりは遥かにましな政権です。

鳩山小沢政権の支持率下落速度は驚くべきものがあります。

やっていることをかんがえれば当然なのですが。








スポンサーサイト
[ 2010/02/10 21:50 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。