「すごく真剣に稼ぎたい!」株日記と赤ちゃんと猫と家庭菜園のぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  株日記 >  ●ギリシャ救済の可否、どうなるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●ギリシャ救済の可否、どうなるのか?

●ギリシャ救済の可否、どうなるのか?

昨晩のダウは当初やや弱い動きでしたが、最後にはかなり戻しました。
結局マイナスで終えたとはいえ10000$を維持しました。
今後は100日平均線まで戻せるかどうかですね。

本日東京市場はお休みですが、為替は円安推移で一時90円台に突入するなど
悪くない動き。
上海市場が本日やや上げておりいい感じ。
ここ数日下げ止まりかな?といえなくもないチャートで期待しています。

【景気指標】
VIX指数 25.32
バルチック海運指数 -76の2630
CME日経先物は10035で東京終値9963より+72円

今夜は(米) 2/7までの週の新規失業保険申請件数が発表されます。
前回の発表では予想より悪い数値でした。
今回どうなることか。


【報道から】
●FRB議長:公定歩合引き上げ示唆、政策変更意図せず
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=add4c0MToe14

出口戦略きましたね。
ドル高、長期金利上昇、企業の有利子負債の負担拡大・・・
正直いまはまだ早すぎるとおもうのですが。
そう思うのは日本の失われた10年を体験しているからでしょうか?

●NY市場でユーロ/ドルが下落、ギリシャ救済めぐり不透明感
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13841720100211

ここまでくるとまったく救済しないわけにも行かないのでしょうね。
ただし、当然ギリシャも多くの血を流して財政切り詰めが必須。
公務員がストをしようが何をしようが、強権を振るって
リストラ断行をしなければEU圏は納得しないでしょう。
EU圏も一部の財政不健全国家にここまでひどい目にあわされるとは
思っていなかったのでしょう。

統一通貨政策の負の部分ですね。

EU圏ユーロ圏拡大論にブレーキがかかりそうです。










スポンサーサイト
[ 2010/02/11 12:26 ] 株日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kumakuma2008

Author:kumakuma2008
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。